便利屋の使い方

便利屋とは、名前の通りさまざまな仕事を請け負ってくれる便利な業者ですが、具体的にどのような仕事を依頼すればいいかわからないと思います。なので、ここからは便利屋に依頼が多い仕事を見ていきます。

便利屋に依頼が多い仕事

  • ・不要品処分
  • ・ハウスクリーニング
  • ・大工仕事
  • ・各種代行
  • ・手伝い
  • ・相談相手になる
  • ・留守番
  • ・動植物の世話
  • ・害虫駆除
  • ・人員確保

便利屋が普段している仕事や利用時の注意点

男性

便利屋のイメージ

便利屋と聞くと、何かダークな仕事をしているという想像をする方がいます。確かに浮気調査や別れさせ屋のような仕事を請け負うこともあります。ですが、それは請け負う仕事のごく一部であり、大半はハウスクリーニングや不要品の処分を任されたりなどしています。なので、世間が思っているほど便利屋はダークな仕事ではありません。

便利屋の料金システム

一般的に便利屋を利用する時は、時間辺りの拘束料をとられます。一時間で一人あたり3000円ほど取られてしまいます。多少地域によって差はありますが、このお金に交通費なども含まれていることが多いです。この金額を高いと感じる方が多いと思います。不要品回収やハウスクリーニングは、競合他社が多いです。なので、料金も安く設定されているので、仕事により利用料金は変わります。

ほんとになんでも仕事できるの?

東京にある便利屋はなんでもできると謳っている業者がいますが、ほんとになんでもできるのでしょうか?答えはNOです。なんでもできる人間なんて存在しません。例えばプロサッカー選手として活躍していた選手がプロ野球選手として活躍できるかといえば可能性はほぼ0に近いでしょう。便利屋が言っているなんでもというのは、受ける仕事の内容が多すぎて、一言でまとめるのが難しいために出てきた言葉です。依頼したい仕事をしてもらえるか疑問があるかたは一度相談してみてはいかがでしょうか。

便利屋利用時の注意点

身元がハッキリしているか確認する

仕事を依頼する側と受ける側という関係になるので、相手の身元を知る権利があります。何か問題が起こった時に相手の身元が分からないような状況はあまりよくありません。万が一のことを考えて、依頼する前にしっかりと相手の身元を確認し、契約書ややりとりしたメールを残しておくようにしましょう。

保険に加入しているか

多くの便利屋は、損害賠償保険に加入しています。損害賠償保険に加入している便利屋なら、作業中にうっかり骨董品を壊してしまっても、しっかり弁償してくれます。ですが、損害賠償保険に加入していない便利屋の場合は、話合いをする必要があり、トラブルの元になってしまうでしょう。利用する前に必ず保険に加入しているか確認するようにしましょう。

複雑な依頼ほど入念な確認をする

草むしりや不要品の回収などシンプルな仕事であれば、お互いの認識が違うということはありません。ですが、複雑な内容の仕事を依頼する場合は、認識の違いが発生しやすいです。その場合は、トラブルになってしまうので、お互いの行き違いが内容にしっかりと確認をするようにしましょう。

広告募集中